厄除・家内安全・商売繁盛・結婚式・七五三・お宮参り・人形供養は、群馬県の神社、玉村八幡宮

〒370-1132
群馬県佐波郡玉村町下新田1番地
直接のお問い合わせはこちら 0270-65-2305

人生儀礼

人生の節目に行われる儀礼を、人生儀礼といいます。人は一生のうちに様々な儀礼を経験します。
私たちは、各家のご先祖様や地域の氏神様に、常日頃からお守りいただいておりますから、人生の節目に行われる儀礼の際には、神様に感謝を込めて報告いたします。そして一層のご加護のもと、平穏安泰なる生活を願います。

安産祈願

子宝を授かったことを神様に感謝し、妊娠期間中、事故や災いにあうことなく無事に過ごすことが出来るように祈願し、無事出産と健康・交通安全等併せてご祈願いたします。

命名

赤ちゃんの名前は両親の無事成長の願いが込められた初めての贈り物と言えます。
神社からお名前の授与、又ご希望のお名前をお調べすることもできます。

初宮詣

生まれて初めて神社に参拝し、神様に赤ちゃんの健全な成長を祈り、無事に出産が済んだ事をご報告するのが初宮詣です。
生後男児31日目・女児33日目と言われますが、日取りについてはあまり日数にこだわらず、赤ちゃんの体調に合わせて暖かい日や天気の良い日を選んでお参りください。

七五三詣

七五三詣の様子七五三のお祝いは、古くは髪置(三歳の男女児)、袴着(五歳の男児)、帯解(七歳の女児)と言っていました。
現在では11月15日の前後に神社に参拝し、健やかな成長と健康を感謝し祈願する儀礼となりました。

入学卒業奉告祭

教育課程の節目は人生における大切な時期です。新入学は喜びの報告や、学業成就祈願をし、卒業の時は感謝や感動を神様にご報告し、社会や新しい進路に進むにあたり新たに誓いをたて神様にお参りします。

成人奉告祭

新成人のお参りの様子成人式は子供から大人に仲間入りすることを、社会に公認してもらう儀式です。昔は男子が十五歳ころ、女子が十三歳ころを持って自主独立を促すものでした。現在は二十歳になる年度の一月第二月曜日となっております。

結婚式

結婚式は人生儀礼の中でも重要な慶事の一つであり、新たに家庭を築くという意義深い儀礼であります。
詳しくはこちらをご覧ください。 >>神前結婚式

結婚記念日奉告祭

欧米では昔から結婚記念日を祝う習慣があり夫婦が歳を重ねるごとに堅い絆で結ばれて行くといわれております。日本では明治天皇が銀婚式をお祝いになったのが最初だと言われ、民間にも広まり今ではだいぶ定着してきております。
一般的には、毎年お祝いいたしますが、特に25年の銀婚式と50年の金婚式は家族そろって神社に詣でお祝いします。

厄除祈願

厄年とは災難、病気や事故が身に降りかかりやすい年の事で平穏な生活を過ごせるようご祈願いたします。地域により幼児男女四歳や男女六十一歳などがありますが、一般的な厄年は下の一覧表の通りです。

平成29年 厄年一覧表
男子 女子
(前厄)
25歳(本厄)
(後厄)
平成6年生れ
平成5年生れ
平成4年生れ
(前厄)
19歳(本厄)
(後厄)
平成12年生れ
平成11年生れ
平成10年生れ
(前厄)
42歳(本厄)
(後厄)
昭和52年生れ
昭和51年れ
昭和50年生れ
(前厄)
33歳(本厄)
(後厄)
昭和61年生れ
昭和60年生れ
昭和59年生れ
(前厄)
61歳(本厄)
<満年齢>(後厄)
昭和32年生れ
昭和31年生れ
昭和30年生れ
 
37歳(本厄)
昭和57年生れ
昭和56年生れ
昭和55年生れ
(前厄)
幼児の厄4歳
(後厄)
平成27年生れ
平成26年生れ
平成25年生れ
(前厄)
61歳(本厄)
<満年齢>(後厄)
昭和32年生れ
昭和31年生れ
昭和30年生れ




(前厄)
幼児の厄4歳
(後厄)
平成27年生れ
平成26年生れ
平成25年生れ

方位除け

男女とも方位除けをする星まわり八方塞がりの年回り本命

平成29年 八方除け(方位除け)一覧表
一白水星(大凶運) 七赤金星(凶運) 六白金星(凶運)
昭和2年生まれ
昭和11年生まれ
昭和20年生まれ
昭和29年生まれ
昭和38年生まれ
昭和47年生まれ
昭和56年生まれ
平成2年生まれ
平成11年生まれ
平成20年生まれ
昭和 5年生まれ
昭和14年生まれ
昭和23年生まれ
昭和32年生まれ
昭和41年生まれ
昭和50年生まれ
昭和59年生まれ
平成 5年生まれ
平成14年生まれ
平成23年生まれ
昭和 6年生まれ
昭和15年生まれ
昭和24年生まれ
昭和33年生まれ
昭和42年生まれ
昭和51年生まれ
昭和60年生まれ
平成 6年生まれ
平成15年生まれ
平成24年生まれ

※2月の立春前に生まれた人は前年の本命星となる(例:昭和11年2月4日~昭和12年2月3日生は一白水星)

年祝

年祝年祝は年寿、年賀、算賀などとも言います。
公私共六十をもって隠居する風習が広まるとともに私達が使っている干支が六十年で一巡し、そして、初めに戻る、つまり暦がもとに還ることから還暦の祝いをする風習が定着いたしました。

神葬祭と先祖祭り

神葬祭とは、神道式で行う葬儀の名称で、日本固有の葬儀を土台に整えられた葬儀式です。厳かで儀式も分かりやすく、しかも質素なことから、今日では神葬祭が増える傾向にあります。